松井秀喜に巨人「戻ってこいよ!」熱心に復帰働きかけ

印刷

   「松井、引退(か)」と報じた「サンケイスポーツの記事をきのう27日(2012年12月)の「とくダネ!」は取り上げたが、結局のところ、その「か」が取れるには1日しかかからなかった。プロ野球の読売巨人やNYヤンキースなどで活躍した松井秀喜選手が、20年間のプロ野球選手生活に終止符を打つことを公表し、けさの番組も大々的に報じた。

「ファンは10年前の姿を期待するだろうが、その姿に戻れる自信ない」

   近年の松井は故障の影響などもあり、MLBで思わしい成績が残せない一方で、毎年のようにどこそこの球団が「松井獲りへ」といった日本復帰(へ?)の報道も出ていた。

   この点、「とくダネ!」によれば、古巣の巨人はとくに熱心に復帰を働きかけていたという。巨人フロントは先週にも松井に面会を求めたが、松井は「(会えるけど)来ても意味はないですよ」と引退を示唆していたという。

   本人は「10年前、巨人の4番バッターとして誇りと責任を持ってプレーしていた。もし日本に戻ることになれば、たくさんのファンが10年前の姿を期待するだろうが、その姿に戻れる自信が強くは持てなかった」と会見で話している。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中