2020年 11月 30日 (月)

1億5540万円マグロ!釣り上げた漁師にはいくら入るの?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   おととい5日(2013年1月)の東京・築地市場の水初競りで、体長約2メートル、体重222キロの本マグロが1億5540万円で競り落とされた。普通の取り引きなら、高くても600万円程度だ。釣り上げた青森・大間の漁師にはどのくらいの収入になるのか。

「洗濯機がガタきてるんで買い替えようかな」

   異常高値のまぐろを釣り上げた竹内大輔さんは、「最初に連絡をもらったときはビックリして驚いた。まさかそんな値が付くとは思ってもいなかったからね。まだ実感がわきません」と話す。

何に使うのかな?

   司会のみのもんた「代金が入ったら、何に使いますか」

   竹内さん「何も考えていません。母ちゃんが洗濯機にガタが来ているからというので、洗濯機は買おうかなと思っています」

   奥平邦彦リポーターによると、「竹内さんのお父さんの薫さんも、12年前に築地で初競り最高値をつけたマグロを釣り上げています」という。競り落とした寿司チェーン店「すしざんまい」の木村清社長は、「今年こそ景気が良くなりますようにと気を入れて競り落とした」という。

文   ナオジン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中