安倍首相も食った!?1億5540万円マグロ―すしざんまい社長が官邸にお届け

印刷

   5日(2013年1月)に行なわれた東京・築地市場 のマグロの初セリで、青森県大間産の222キロが1億5540万円というこれまでの最高値を記録した。マグロの初セリは「新年のご祝儀」で相場をはるかに超えるのはいわば常識だが、前年のほぼ3倍という値段には、さすがの築地関係者もびっくりだ。

阿部祐二レポーター「あごが痛くなるほど美味しかった」

   競り落としたのは寿司チェーンの「すしざんまい」で、最高値落札は2年連続。この高値、実はライバルの「板前寿司ジャパン」とのはげしい競り合いの末だった。昨年が5049万円で競り勝ったが、おととしの3249万円までは4年連続「板前」が相場をリードしていた。今年も1キロ当り1万円から札が入ったが、222キロだから30万円で昨年を上回り、50万円で1億円と両者の札の入れ合いになり、「板前」が68万円を入れた直後の「すしざんまい」の70万円で決まった。

漁師志望増える

   勝った木村清社長もさすがに「予想外ですね、ここまで来ると。相手も素晴らしかった。 景気ってのは気の問題ですから」という。敗れた「板前」は海外にまでチェーン店を展開する大手だが、「今回は海外には出さないつもりでいたのだが、市場原理ですから仕方がない」

   さて、競り落とした「すしざんまい」ではもうお祭り騒ぎ。落札額からいうと寿司1貫4~5万円になるのだが、これを大トロ418円、中トロ313円、 赤身134円で客に出した。築地の本店前は黒山の人だかりで、みな派手な解体ショーを堪能しただけでなく、その場で味わおうという話。ただし、1人1貫だけだ。

   「スッキリ!!」の阿部祐二はレポートに出かけてちゃっかり食べてきた。阿部は頬を押さえて「この辺が痛くなってくる」といえば、キャスターのテリー伊藤が「ほっぺたが落ちるってやつだ」と悔しそうだ。

    阿部「1人一貫ですから、3人で3種類を3等分して食べたり。木村社長は7、8000万円と踏んでいたそうですが、ライバルがいたので…」

釣り上げた漁師・竹内大輔さんの取り分は1億2000万円

    勝谷誠彦(コラムニスト)「社長も気のものだといっていたが、やっぱりみんな豊かな気持ちになる」といって、読売新聞の首相日程欄を見せた。「午後1時30分すしチェーン店経営『喜代村』の木村社長」とある。

    勝谷「官邸へ行ってる。これ何なんでしょうね。そんなに簡単に会えるわけじゃないから、これを買いましたと届けたのか」

    テリー「安倍さんも食べたんでしょうね」(笑い)

   で、気になるのがお金。釣った大間の漁師、竹内大輔さんには落札額の8割、約1億2000万円が入るという。竹内さんは「びっくり。頭真っ白です。マグロを釣り上げるとかわいいなと思う。よく釣れてくれたと」と話す。実は、竹内さんの父親も2001年に2020万円という記録を出していた。親子二代の快挙というわけだ。このときは漁船の借金返済に充てたそうだが、今回はどうするのか。3人で釣っているので、これからの話になるのだそうだ。

   司会の加藤浩次「このすしざんまいの宣伝効果はどうです?」

    テリー「だからいいんじゃないですか。これでマイナスになっても」

    勝谷が「子どもたちも漁師になろうかと思うかもしれない」とお調子をこいたが、テリーが「いや、それはないでしょ」で大笑い。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中