「アベノミクス」景気良くなってもやっぱり給料上がらない?経営者まず社内留保

印刷

   「アベノミクス」に対する「とくダネ!」の入れ込みようときたら、かなりのものだ。おカネを増やしてインフレにして、円安にして、公共事業をやったれば、好景気でみんなハッピー!?理論が繰り返し語られている。アベノミクスは韓流ブームにとってかわったかのようだ。

   いやいや、そういうことをやってると日本の借金がどんどん膨らみ、お国のおカネは国際的な信用を失ってクビが回らなくなる。「ギリシャ」になるぞ――といった見方は、もう流行後れである。アベノミクスへの疑問は、この番組やコメンテイターの口の端にちょろちょろと上るが、大きな流れにはならない。「ネガティブなところだけ見ても、意味はない」(竹田圭吾・国際ジャーナリスト)などと、「期待」が疑問を抑え込んで、すっかり強気の上げ潮ムードが形成されている。

物価上昇・増税に追いつけず「好景気」実感できない国民

   じつに景気がよろしい感じなのだが、けさ方(2013年1月8日)の「とくダネ!」で、好景気と(サラリーマンの)給料の相関への「疑問」に差しかかると、そう強気でもなくなった。経営者連中や出演者はこの点では総じて慎重な態度なようである。

還元かなり先?

   「景気を一時的に良くするのはむずかしいことではないが、いい状態が持続的に続いたり、経済が成長していくのは別の話だ」「経営者も、(給料増は)次のステップに行ってからというのはあるかもしれない」(竹田)

   「経済がちょっと上向いても、経営者は給料上げましょうとは言えない。蓄えを考えないといけない。給料に還元されるのはどれぐらい先になるのかが、国民にとっては一番気になるところだと思いますけどね」(小倉智昭キャスター)

   インフレ円安増税のなかで所得は上がらないとなれば、国民は「好景気」に踊ってもいられないかもしれない。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中