2019年 11月 12日 (火)

パソコン遠隔操作犯「冤罪で人生狂わされた」前科・前歴から絞れるか?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

江ノ島では監視カメラ意識して変装?

   今回のメッセージにある「事件に巻き込まれた」というのが前科につながるのかどうか。これもひとつの手がかりだが、司会の加藤浩次は「可能性はありますかね。たとえば学生時代とか。勝手に思い込んでるだけかもしれないし」と首をひねる。宮崎哲哉(評論家)も「(犯人の)意図はわからないが、監視カメラを意識してないというのも考えにくい。変装とかしてるかもしれない。結構周到な人物にみえるから」という。

   この事件の発端は、昨年、横浜の小学校や伊勢神宮を襲撃するなどというネットの犯行予告で、発信アドレスから4人が逮捕されたが、「真犯人」からパソコンの遠隔操作を指摘され、警察の不手際が暴かれた。その後、「私の負けです」などのメールが来たが、外国のサーバーを経由しており、手がかりは全く得られていない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中