バスケ部主将「体罰自殺」卑怯な校長と顧問教師!市教委に隠れてダンマリ

印刷

   大阪市立高校の強豪バスケットボール部主将だった高校2年生の男子生徒が、顧問の教諭から体罰を受けた翌日、自宅で自殺していたことが分かった。大阪市教育委員会が明らかにしたもので、「深くお詫び申し上げます」と頭を下げたのは長谷川恵一市教委委員長だった。

   「モーニングバード!」がその模様を伝えたが、顧問教諭の体罰が常態化していたのを見過ごしていた学校幹部が、なぜ前面に出て説明や謝罪をしないのか、奇異に感じられる会見だった。

クラブやめると単位もらえない特異な制度

   自殺したのは桜宮高校(都島区)のバスケ部主将の男子生徒(17)で、市教委によると、昨年12月22日(2012年)、練習試合中に顧問の男性教諭(47)から体罰を受けていた。男子生徒は母親から「叩かれたの?」と聞かれ、「いっぱい叩かれた」と答えていた。

   男子生徒は昨年9月から主将を任されたが、自殺する直前に書いたとみられる顧問教諭あての手紙には、「顧問の厳しい指導や体罰があった。キャプテンとしての責任で苦しんでいる」とあり、家族あてには「長年バスケをやらせてくれてありがとう。お世話になりました。死ぬ覚悟ができたので、ごめんなさい」とか書かれていた。

   桜宮高のバスケ部はたびたびインターハイに出場し、2008年と10年には大阪府予選会で優勝している。ただ、卒業生によると特異な制度があるという。「体育科とスポーツ健康科学科はクラブに入らないと単位を落としてしまうので、クラブをやめられない」というのだ。

   そうした雰囲気の中で体罰は常態化していたようで、学校がバスケ部部員や元部員50人にアンケート調査をしたところ、自殺した男子生徒が顧問教諭から体罰を受けているのを「見た」が38人もおり、「自らも体罰を受けた」が21人もいた。

体罰頻発という訴えに学校側「ない」と回答。市教委は鵜呑み

   この顧問教諭については、昨年、体罰の疑いがあるという情報が市教委に寄せられたが、調査を行った学校側からは「体罰はなかった」との報告を受けたという。市教委は現在、顧問教諭から事情を聞いているが、教諭は複数回にわたって体罰を行ったことを認めており、市教委は「体罰はかなりの頻度であった」と見ている。

   サッカー解説者でコメンテーターの松木安太郎は、「指導者が手をあげないと言うことを聞かないというのは、指導に問題がある。学校の中でのスポーツは、生き方だとかいろんなことを教える場で、育成の場であることをちゃんと考えないといけないはずです」と怒る。

   法政大教授の萩谷順は「これはもう体罰の域を超えて、単なる暴力行為ですよ。学校の中で暴力が横行していたら恐ろしいこと」と言う。

   それにしても、市教委委員長は役目柄で頭を下げたのだろうが、当事者である顧問教諭をはじめ、学校側が市教委の陰に隠れて出てこないのは卑怯ではないか。大事な息子をなくした家族は納得できまい。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中