六本木襲撃「関東連合」石元太一にも逮捕状―著書で更生宣言した10日後に犯行

印刷

   東京都港区のクラブで、店に乗り込んできた元暴走族グループ「関東連合」に男性客が殴打されて死亡した通称「六本木襲撃事件」では、これまでに16人に逮捕状が出ていたが、あらたに市川海老蔵暴行事件に同席していた元リーダーにも逮捕状が出た。六本木事件の直前、他の容疑者と凶器を持って集合していた疑いだ。

去年8月下旬に出版「この本をきっかけに第二の人生がはじまる」

   1月7日(2013年)に逮捕状が出た石元太一容疑者は、昨年8月下旬(2012年)に自伝を出版して話題となり、マスコミにも登場していた。「とくダネ!」によれば、著書のなかに石元が暴走族間の抗争で一人の命を奪ったエピソードがあり、「自分の罪と真摯に向き合いたい」「この本をきっかけに第二の人生がはじまる」などといった旨の記述があるという。その後は、9月に振り込め詐欺の容疑で逮捕され、現在公判中だそうだ。

第2の人生も犯罪者

   石元にとっては、振り込め詐欺は過去の事件ということになるのかもしれないが、今回の容疑が事実だとすると、更生を誓った自伝出版のわずか10日ほど後に、再び人の命を奪う事件に関与したことになる。

   このニュースの情報プレゼンターをつとめた笠井信輔アナもここに着目し、「10日後の第二の人生は、(容疑によると)六本木の襲撃事件になってしまってるんですね」と皮肉な口ぶりであった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中