骨折の釈由美子「思い出すだけでも、怖くて震えます」

印刷

   スキーのロケ中に骨折した女優の釈由美子(34)が1月12日(2013年)、自身の出演部分がカットされることをブログで謝罪した。

   釈は1月25日放送のNHK「雪山へGO!2013 達人と楽しむ冬の名峰(仮題)」収録のため、バックカントリースキーに挑戦したが、転倒して左足関節を骨折、左膝じんたいも損傷した。同局は9日、釈の出演部分をカットして番組を予定通り放送すると発表した。

   ブログでは「ちゃんと無事に番組ロケを撮り終えることができなかったことが申し訳なさすぎて」と語り、「心の整理がつかずため息と涙がこぼれます…」と心境を明かした。ケガをした1週間前を「あの瞬間のこと思い出すだけでもまだやっぱり、怖くて震えます」と振り返っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中