2018年 7月 23日 (月)

骨折の釈由美子「思い出すだけでも、怖くて震えます」

印刷

   スキーのロケ中に骨折した女優の釈由美子(34)が1月12日(2013年)、自身の出演部分がカットされることをブログで謝罪した。

   釈は1月25日放送のNHK「雪山へGO!2013 達人と楽しむ冬の名峰(仮題)」収録のため、バックカントリースキーに挑戦したが、転倒して左足関節を骨折、左膝じんたいも損傷した。同局は9日、釈の出演部分をカットして番組を予定通り放送すると発表した。

   ブログでは「ちゃんと無事に番組ロケを撮り終えることができなかったことが申し訳なさすぎて」と語り、「心の整理がつかずため息と涙がこぼれます…」と心境を明かした。ケガをした1週間前を「あの瞬間のこと思い出すだけでもまだやっぱり、怖くて震えます」と振り返っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中