名古屋「不動産家族殺害・自殺事件」経営苦しく金に困っていた?

印刷

   愛知県名古屋市西区の不動産業経営の男性宅で、男性を含む家族3人が殺害された事件で、警察は山中で自殺した男性の長女と他の家族の間にトラブルはなかったか調べているという。

管理物件の支払い滞り

   「とくダネ!」はこの事件を「資産家一家」殺人事件と命名しているが、伝えられたその中身からすると、一家の資産状況には疑問符がつきそうだ。一家は不動産会社を経営しており、長女は経理を担当していたが、昨年(2012年)から管理物件の地主への支払いが滞りがちになっていたとのことで、「金銭トラブル!?」(番組キャプション)も考えられるということである。

   駐車場の管理を委託している近所の人は、「これまでは半期できちんと払ってくれていたが、去年の夏ぐらいから、請求すると『今やってるで、待っとって』ということがあって、『どうしたんだろうね』と言ってた」と話した。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中