2018年 7月 21日 (土)

名古屋「不動産家族殺害・自殺事件」経営苦しく金に困っていた?

印刷

   愛知県名古屋市西区の不動産業経営の男性宅で、男性を含む家族3人が殺害された事件で、警察は山中で自殺した男性の長女と他の家族の間にトラブルはなかったか調べているという。

管理物件の支払い滞り

   「とくダネ!」はこの事件を「資産家一家」殺人事件と命名しているが、伝えられたその中身からすると、一家の資産状況には疑問符がつきそうだ。一家は不動産会社を経営しており、長女は経理を担当していたが、昨年(2012年)から管理物件の地主への支払いが滞りがちになっていたとのことで、「金銭トラブル!?」(番組キャプション)も考えられるということである。

   駐車場の管理を委託している近所の人は、「これまでは半期できちんと払ってくれていたが、去年の夏ぐらいから、請求すると『今やってるで、待っとって』ということがあって、『どうしたんだろうね』と言ってた」と話した。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中