夢かなえるHAPPY企画に涙!正月お年玉企画なのに三が日になぜやらぬ?

印刷

「さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかスペシャル」(TBS)2013年1月13日19時~

   今年で19回目を迎えるお正月番組である。かつて「憧れのギターリストCharに会ってセッションしたい」という夢を叶えた幼稚園児竜之介くん(彼は「さんまのからくりTV」でも「浪速の天才ギター少年竜之介くん」として番組に出演していたから覚えている人も多いはず)が登場した。中学生になっていたギター少年は腕をさらに上げ、今ではプロと同じ舞台に立つことも多いという。「高校には行くけど、大学には行かずプロとしてやる」と言いきる。
   夢に向かって邁進する姿は無条件でかっこいい。テレビ番組が人の役に立つなんていまどき貴重ではないか。今回も「近鉄電車の車掌になりたい」という幼稚園児の夢、「ローラとデートしたい」という男子高生の夢、「憧れのFUJIWARA原西とギャグをやりたい」という女子高生の夢、子供から老人までの夢を叶えていた。「68年前、戦争によって生き別れになった初恋の女性と会いたい」という90歳のおじいちゃんの夢は涙なくしてみられなかった。
   初回からしばらくは正月三が日に放送していたのに、今年はお屠蘇気分も抜け切った13日の放送だった。事情はわからないが、TBSのお正月番組はたいしたものもなかったから、見ていてHAPPYになれるこういう番組こそお正月に放送すべきではないか。来年は「お年玉」のタイトルどおり、せめて三が日に放送してもらいたい。

(白蘭)

採点:2
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中