芥川賞・黒田夏子「ひらがな横書き固有名詞なし」区切りわからず読みにくい?

印刷

   第148回の芥川賞・直木賞がきのう16日(2013年1月)に発表になった。芥川賞には史上最年長となる75歳の黒田夏子さんの「abさんご」、直木賞は2人で、戦後最年少となる23歳の朝井リョウさんの「何者」(新潮社)と安倍龍太郎さん(57)の「等伯」(日本経済新聞出版)に決まった。

選考会は「違和感で立ち止まらせる表現が瑞々しい」と評価

   黒田さんは東京生まれ。幼いころから詩や文章に目覚め、大学を出たあと教師から校正者になって、25歳で短編賞を受けたが長編に思いを定め、10年に1作のペースでストイックに書き続けた。同じ作品で昨年、早稲田文学新人賞を受けたのがデビューという遅咲きである。61歳で受賞した森敦さん(「月山」)を抜いて最年長受賞になった。

面白いですねえ

   受賞作は昭和の家庭の親子の愛情を描いたものだが、ひらがなを多用して固有名詞やカタカナを排し、しかも横書きという表現方法が選考会で高く評価された。受賞の弁は「嬉しいのが半分。思いがけないのが半分」「自分には書くことしかないというのは、幼児期から思っておりました。無名のままでもずっと書き続けようと」

   直木賞の2人はいずれも2度目の候補での受賞だ。安倍龍太郎さんの「等伯」は安土桃山時代の絵師・長谷川等伯の生涯を描いたもの。朝井リョウさんの「何者」は大学生の就活を描いた。いまは会社員だが、最年少という話題のおまけもついた。

   朝井さんは早大在学中の2009年 に「桐島、部活やめるってよ」でデビュー。小説すばる新人賞を受けて映画にもなった。「これからの夢は、本を出し続けていくこと。一生やめないこと」という。

慣れると音としてはきれいな流れ

   司会の加藤浩次「面白いですねえ」

   森圭介アナ「最年長と戦後最年少」

   キャスターのテリー伊藤「話題性たっぷりだね」

    森が黒田さんの「abさんご」の冒頭を大きなパネルにして見せた。「これまでのものとは明らかに違う」。たしかに、ひらがながずらりと並ぶ。漢字でいいはずのところまでがひらがな。固有名詞、カギかっこ、カタカナが一切ない。これを森が読んでみせた。テリーが「読んでもらうからわかるけれども…」という。目で見ると読み難い。杉野真実アナが「文字で見ると、どこで区切るのかがわからない」

   テリー「読み出すとわかるのかも」

   加藤「そうかもしれない」

   森「(選考会では)違和感で立ち止まらせる表現が瑞々しいと評価されました」

   おおたわ史絵(内科医)「音の流れとしてはきれいな気がする。読み難さの反面、きれいに感じる」

   小学校時代に旧仮名遣いから新仮名遣いになった のを、「言葉に対して失礼」と思ったというから驚く。こっちはそのころチャンバラだったぜ。

   加藤「5年生で…」

   テリー「いまパソコンでプリントアウトすると、全部これ(横書き)になっちゃうじゃない。これからこうなるかも」

   加藤「たしかに何でも横書きですよね」

   しかし、日本語から不必要に漢字をのぞくとおかしなことになる。いずれみんな気づくのでは?

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中