アルジェリア「襲撃・人質」政府軍が攻撃!35人死亡情報…「日揮」社員の安否不明

印刷

   アルジェリア南東部イナメナスのガス生産施設をイスラム軽武装組織が襲撃、外国人多数が人質になった事件で、アルジェリア政府は空爆を含む攻撃を行い、「すでに作戦は終了した」と発表している。かなりの死傷者が出た模様で、プラント大手の「日揮」の従業員の安否もわかっていない。

通じなかった安倍首相の「人命優先」要請

   菅官房長官は18日未明(2013年1月)の記者会見で、「ありとあらゆる方法で情報の確認を急いでいるが、情報が錯そうしいまだに正確な情報の確認が獲れていない」と伝えた。きのう昼過ぎから始まったアルジェリア軍の攻撃で、ロイター通信は「外国人人質25人が脱出に成功」と報じ、アルジェリアの隣国モーリタニアの通信社は「政府軍の攻撃で人質35人が死亡」と伝えた。

安倍内閣に試練

   司会のみのもんた「どの情報が正しいのでしょうか」

   与良正男(毎日新聞論説委員)「正確な情報が分からないので軽々には言えないが、ただ、日本政府にとってはアルジェリア軍の攻撃はショックでしょう。東南アジアを歴訪中の安倍首相はアルジェリアの首相に人命尊重を優先して欲しいと要請しましたが、そうならなかったわけです。安倍内閣にとっては最初の試練です」

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中