黒田勇樹、極楽とんぼ山本の復帰で提案 「TVじゃなくて劇場に出たら?」

印刷

   「ハイパーメディアフリーター」と名乗って活動する俳優の黒田勇樹が1月14日(2013年)のブログで、元お笑いコンビ「極楽とんぼ」山本圭一の「復帰論争」に物申している。

   黒田は「『芸能界復帰』というワケわからない基準で論争が行われている」と指摘し、公共性の高いテレビではなく嗜好性の高い舞台や映画で復帰すればよいのでは、と提案している。

「山本さんを見たい人もいっぱいいると思います だからどんどん劇場でもいいし、いきなりDVD発売してもいい 観客から直接お金を受け取る興行資本の現場で山本さんにはお笑いをやって欲しいと思います(勿論ご本人にやる気があればですが)」
「公共性の高い広告であるTVは『嫌なら見るな』と言っちゃダメ 自分たちの首を絞めるだけだから映画や舞台は『嫌なら見るな』と言っていい 簡単な気がするのですがどうなんでしょう」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中