アルジェリア武装集団リーダー予告「引き続きミッションを実行する」

印刷

   アルジェリアのイスラム武装集団による襲撃事件は最悪の結果になった。菅義偉官房長官は昨夜21日(2013年1月)の会見で、「痛ましいお知らせ」として、日揮の社員7人の遺体を城内実・外務政務官らが現地の病院で確認したと明らかにした。安倍首相は会見で「世界の最前線で働く、何の罪もない人々が犠牲になった。痛恨の極み」と、人命が守れなかったことを悔やんだ。また、日揮も「有能な社員を失ったのは無念の一言だ」として、残る3人の行方追及に全力をあげるという。

イギリス・フランスは強行策に支持

   アルジェリア政府や欧米ネディアによると、武装グループの要求はアルジェリア政府が捕らえている「過激派100人の解放」だった。これで交渉がおこなわれる流れだったが、19日に武装グループが人質を連れて移動を開始したため軍が攻撃に踏み切ったという。これまで確認されているだけで、外国人の死者は37人(うち日本人7人)、国籍は8か国に及び、7人は国籍不明という。不明の7人の中に3人の日本人が含まれているのかどうか。遺体がありながら国籍不明というのは、相当なダメージがあるということだろう。場合によっては、DNA鑑定とかになるのか。他に不明が5人いるとの報道もある。

内通者いる

   武装集団の29人を殺害、3人を拘束した。こちらの国籍は、エジプト、カナダ、マリ、ニジェール、モーリタニア、チュニジア6か国になるという。武装集団の指導者モフタル・ベルモフタル司令官は、新たな声明で「交渉に軍は応えなかった。マリに軍事介入している国が意志を変えないかぎり、引き続きミッションを実行する」と新たな行動を予告した。

   このアルジェリア政府・軍の対応について、イギリスのキャメロン首相は「30人以上の人質に対応するのは難しい」と理解を示した。フランスのファビウス外相もアルジェリア非難の声に「不快だ」と述べている。このあたりは日本政府とはかなり違う。

国籍より「得意技」で選抜された実効メンバー

   司会の加藤浩次が犯行グループが多様な国籍であることについて、「どういうことでしょうか」と聞いた。日本エネルギー経済研究所の田中浩一郎・中東研究センター長は「グループは国籍よりも思想とか目的で結びついているから、むしろ何が得意か、銃か、爆薬かなど、機能で選ばれたのではないか」という。

   加藤「鎮圧で犠牲者を増やした責任はありますか」

   田中「即応しなければという緊急事態で、予想以上の被害を出した」

   加藤「内通者の可能性は」

   田中「あると思います」

   キャスターのテリー伊藤「武装グループが殺害したのか、アルジェリア軍なのかもわからない。企業はもう自分で守るしかない」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中