相葉雅紀「6+9÷3」の計算できない!?これで天才外科医なんて大丈夫かい!
<ネプリーグSP(フジテレビ系)>

印刷

   「剛力彩芽&相葉雅紀参戦!超豪華ドラマ祭り」ということで、新ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」出演者チームと、「ラストホープ」出演者チームがネプチューンチームと対決していた。
   内容は漢字の読み書きや常識問題など、いつもと同じでごく簡単なものばかりなのだが、この手のクイズ番組に普段バラエティには出ない俳優や女優が出演するのは、かなりリスキーなことだということがよくわかった。
   今回はなんといっても嵐の相葉雅紀に尽きる。もともとジャニーズ事務所はそのことを熟知しているらしく、ジャニーズ系タレントはめったにクイズ番組には出演しない。同じフジテレビの番組「VS嵐」も体力勝負ばかりで頭脳系の戦いはゼロ。だから、相葉、大丈夫か、と思ったのだが、案の定、おバカをさらけ出していた。「6+9÷3」という簡単な計算問題もできず、箱根の芦ノ湖は「足の湖」、図形問題では円柱を「円形」などなど珍解答続出。嵐のメンバー桜井翔の「翔」の字がちゃんと書けたのがむしろ奇跡と思えるほどだった。
   それでもニコニコ笑っている相葉ちゃん。人柄のよさは十分過ぎるほど伝わってきたが、相葉が「ラストホープ」で演じる役は天才外科医のはず!? これって番宣的にどうなんだろうか。
   案の定、翌日の「ラストホープ」初回で白衣の相葉ちゃんが真面目に診療しているのを見ても、コントにしか見えなかった。(放送2013年1月14日19時~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中