2020年 11月 30日 (月)

埼玉県のセンセイ「駆け込み退職」次々!今月中に辞めれば70万円お得

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   埼玉県で3月末(2013年)に定年退職する公立学校の教員が、続々と前倒しで辞める異例の事態となっている。理由は退職金だという。2月1日施行の県条例で退職金が減額されることになった。施行前に退職したほうが退職金が多い。そろばん弾くと、退職金の減額分が最後の2月、3月の給料より大きく、1月でやめたほうがもらいが多くなるケースがあるらしい。

   東京新聞によると、勤続35年以上で月給40万円のケースでは、3月末までいると退職一時金が約150万円減るため、2、3月の給料を捨てても、1月末で辞めた方が約70万円多くなるという。

   こりゃあ施行前に辞めたほうがトクだね!ということに気付いたセンセイ方は、生徒を置いてさっさと学校を去ってしまったらしいんである。今月末で退職する教職員は約110人で、退職者の約1割に上る。算数の授業向きのエピソードだ。

教職員組合は「4月からの施行ならこんなこと起きなかった」

   「とくダネ!」では、2月1日という施行のタイミングが、「最後までつとめたマジメな先生が損をする」(笠井信輔アナ)仕組みをつくっていることへの違和感も伝えられた。かりに次年度4月1日施行であれば、もらえる給料が退職金の減額分を上回り、途中でやめる必要はないのではないだろうか。実際に教職員組合などは4月1日からの施行を求めていたそうだ。

まじめな先生が損

   埼玉県はなぜそうしなかったか。今年度から退職金を減額すると、埼玉県では(公務員全体で?)40~50億円もの人件費削減になるという。一部の計算高い人たちが施行前に退職したとしても、大半は道徳心や職場への配慮にしばられて辞めないだろう(全員辞めたらおそらく困るはずだ)とそろばん弾いて、「踏み絵」を踏ませたのだとすれば、こちらもちょっと世知辛い話ではある。

文   ボンド柳生| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中