小池百合子「法律や憲法を守っていると邦人保護できない」自衛隊法改正力説

印刷

   アルジェリアの天然ガス関連施設で起きたイスラム武装勢力による襲撃事件で、さらに2人の日本人の死亡が確認され、この事件の犠牲者は9人となった。残る1人の安否はなお調査中だ。海外の紛争地域での日本人の安全をどう守るのか、「朝ズバッ!」は元防衛相の小池百合子・自民党広報本部長に緊急時の邦人保護など今後の対応について聞いた。

「危険なところには行けない矛盾」

   司会のみのもんた「邦人保護といいますが、日本人が海外で危険な目にあった時、とくにこんなテロの場合、自衛隊はどんなことをしてくれるのですか」

何が足りないのか?

   小池「これにはいろんな条件があります。法律や憲法を守っているとなかなか邦人保護ができにくいという矛盾を抱えているので、安倍総理も石破幹事長も改正すべきではないかといっています」

   みの「今の自衛隊法のどういうところが足りないのですか」

   小池「たくさんありますが、例えばゴラン高原で活動していた自衛隊はシリア情勢が厳しいからと引き上げてきたわけです。危険になると日本の自衛隊はいられなくなるという矛盾があるのです」

   小松成美(ノンフィクション作家)「今回の事件が今も続いていたら、自衛隊は助けに行けるのですか」

   小池「自衛隊法の改正がどうしても必要になってきます」

   小松「今行けないんですね」

   小池「現時点では政府専用機をアルジェに飛ばしていますが、現地には行けないんじゃないでしょうか。ただ、戦闘が終わっていれば可能かもしれませんが」

   小松「戦闘があれば行けない?」

   小池「かつて小泉純一郎総理の自衛隊は危ないところには行かないんですという有名な答弁がありましたが、いまの法律ではそういうことです」

   自衛隊法によれば、邦人輸送の条件として「安全が確保されている」、手段は「航空機、船舶と船舶に搭載されたヘリで、車両等による陸路での輸送は不可」、武器使用は「正当防衛、緊急避難の場合のみ」となっている。

「日本版NSC(国家安全保障会議)で情報収集」

   小池「自衛隊法を改正するというと、日本が軍国主義になるとか、急にそっちの方の話に飛んじゃう。もう少し現実的に考えなければいけません。今イラクでは中国や韓国の企業が非常な勢いでビジネスを始めていますが、かつてイラクのインフラ整備に貢献した日本は環境が整わないということで出遅れているという状況もあります」

   みの「元防衛大臣として、現職の国会議員として、自衛隊はどうあるべきと考えますか」

   小池「邦人保護ができない国はいったい何なのか、何が足りないのか、何が必要なのか、冷静にリアルに取り組み、国会で議論をして結論を出す必要があります」

   金井辰樹(東京新聞・中日新聞政治部次長)「安倍政権が取り組もうとしていた日本版NSC(国家安全保障会議)がありますが、これができることによって情報収集は格段に変わりますか」

   小池「現状では日本は世界の情報コミュニティから脱落している状況です。インターネットで検索してみてください。NSCで出てくるのは吉本興業の新人養成機関です。まあ、日本はハッピーだな、と。常設の機関としてしっかり機能させるべきです」

   経済再生で飛び出した安倍新政権だが、安全保障についても動きが出てきそうだ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中