2019年 12月 8日 (日)

橋下市長の足元「維新の会」にいる体罰セクハラ常習だった元教師幹部

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

壇蜜より私は「週刊ポスト」のYURIだな…品があって断然セクシー

   壇蜜という女性は、いまやセクシーグラビア・アイドル、ナンバー・ワンだそうである。壇蜜のグラビアを「週刊現代」がやっている。なかなかそそる体であることは間違いない。

   「週刊ポスト」では壇蜜がセックス女医の宋美玄と性について語り合っているが、これはどうという内容ではない。それより、ポストの巻末グラビアに注目。昨年爆発的な人気を集めていたのに突然消息不明になってしまった「YURI」の未公開カットを「音信不通」(タイトル付けがなかなかセンスがいい!)として特集している。

   私の好みもあるのだろうが、「YURI」のほうが壇蜜より断然いい。品があってはるかにセクシー。御用とお急ぎでない方は、ぜひ見比べていただきたい。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中