2020年 11月 30日 (月)

「安倍初演説」触れなかった憲法、原発、TPP…参院選までは対決テーマ隠し

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   きのう28日(2013年1月)の安倍晋三首相の所信表明演説は、文字数にして約4700字、時間にして18分52秒、最近の首相の所信表明演説に比べて短いものだった。2006年の第1次安倍内閣発足の演説では「美しい国、日本」を掲げ、自らの理念を前面に出したが、今回は「安倍カラ―」を抑え、経済再生を中心にコンパクトな内容になった。参院選を控え、安全運転に徹し、重要な問題を隠したとの批判もある。「朝ズバッ!」は「けさの顔」「おでかけ前の朝刊チェック」「8時またぎ」のコーナーで取り上げた。

「衣の下の鎧」いつ見せるか?

   アナウンサーの加藤シルビアがフリップを持って説明する。「主に語られたのは、経済再生、震災復興、外交・安全保障。一方で、触れられなかったテーマは憲法改正、教育改革、TPP、原発政策、議員定数です」

安倍カラー封印

   コメンテーターの杉尾秀哉(TBS解説・専門記者室長)は「フリップを見てお気付きと思いますが、主に語られた3つには反対がないんです。触れられなかったテーマはそれぞれ賛成、反対が二分するテーマなんです。それを避けて、みんなが賛成するテーマに絞ったのは、参院選挙に勝つために大事なことを隠したと私はみます」と言う。

   三屋裕子(スポーツプロデューサー)「TPPやエネルギー問題は経済の問題に深くかかわってくる問題で、そこに言及しなかったのはちょっと物足りない」と言い、潟永秀一郎(「サンデー毎日」編集長)は「(触れられなかった)憲法改正は彼の悲願ですから、いつカードを切るのか、そこが注目される。衣の下に鎧が隠れていると自民党の幹部も言っていました」

文   一ツ石| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中