ニノ「勝村さんと飯食うとどんどんカネ貯まった」―いつもオゴってもらってた食事とタクシー代1万円

印刷

   <嵐にしやがれ(日本テレビ系1月26日よる10時)>ゲストの勝村政信が二宮和也のちゃっかりぶり、ケチぶりを次々暴露した。勝村とニノはドラマ「熱烈的中華飯店」(フジテレビ系)で初共演した2003年以来の10年の付き合いで、当時19歳のニノは電車で撮影に通ってきていた。まだまだ売れてなくて、家も遠かった。収録が終わると、勝村はニノを食事に誘い、タクシー代として1万円を渡していたという。

   勝村「1回1万円ですよ、愛人でもないのに。毎回ですよ。飲みに行くたびに飯をごちそうして1万円ですよ。普通、良心のある男なら領収書とお釣りをもって来るじゃないですか。ねえ…」

   他の嵐メンバーに同意を求める勝村。「『お釣りは?」と聞いたら、平気な顔で『貯金してます』だってさ」

   ニノ「だって先輩だしね。あれ助かったな。飯食ってどんどん金がたまってくんだもん」 かなり図々しくてもここまでは言えない。ニノはやっぱり大物なのか。

ピーコの誕生日にプレゼント買ったはいいが…領収書も持参

   次に勝村が紹介したのはピーコの誕生日プレゼントの話だった。ある日、すごいサングラスをかけてきたニノに尋ねたら、ピーコの誕生日プレゼントだという。それにしては領収書をもっているので不思議に思ったら、「何でも好きなもの買いなさい。その代わり領収書持ってきて、ピーコに言われたんだ」と平然としていたという。

   おいおい、ピーコを呼び捨てかい。それでも怒られない、甘え上手な人たらしぶりである。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中