「AKB岩田さんの鼻を自然な形に修正してあげたい」高須クリニック高須幹弥

印刷

   美容外科「高須クリニック」の院長・高須克弥氏の息子で、名古屋院院長の幹弥氏(37)はネットで整形疑惑のあるAKB48の岩田華怜(14)について「自然な鼻に修正してあげたいと思ってしまいます」と1月30日(2013年)、自身のブログで書いている。

   岩田は幼少期の事故で鼻を骨折し、後遺症で偏頭痛に悩まされていたという。整形疑惑について、治療のため形成外科で鼻を手術したと説明していた。

   これに対し幹弥氏は、手術前に比べて岩田の鼻の形が変わったと指摘し、鼻の骨折による後遺症の手術では「術後に鼻先が細くなったり、鼻先が下に伸びることはありません」と説明する。「偏頭痛などの後遺症が治って本人が喜んでいるのならこのままでも良いかもしれませんが、形成外科専門医の私からみると、瘢痕が軟らかくなってから、クローズで皮下組織を剥離して、テーピング固定を行い、自然な鼻に修正してあげたいと思ってしまいます」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中