「うるせぇ」「死ね」「ハゲ」暴言の生徒平手打ち!中学教師は間違っているか?

印刷

   「とくダネ!」は「体罰プロジェクト」として1週間にわたり特集するという。その中で、男子生徒から「バカ、死ね、ハゲ」などと暴言を浴びせられた教諭が、男子生徒を平手打ちにした小田原市立中学校のケースが取り上げられた。

授業遅刻を注意され騒いで悪態

   小田原市立中学の平手打ち問題は小田原市教育委員会が2日(2013年2月)に明らかにした。午後の数学の授業で遅れてきた男子生徒16人に、50代の男子教諭が「早く入れ」と促したところ、複数の男子生徒が「うるせぇ」「ばか」「死ね」「ハゲ」などの暴言を数回繰り返し、笑い声も起きた。

   教諭は暴言を吐いた生徒は名乗り出るように問いただしたが、誰も名乗り出なかったため、遅れてきた16人全員を廊下に正座させ、再び名乗り出るように促したが答える生徒がいなかった。教諭は言い聞かせる限界を超えたと判断したのだろう。「卑怯ではないか」と16人全員に平手打ちをしたという。

   その後、教諭は自ら校長に報告、生徒と保護者に謝罪し教壇にはしばらく立たないという。

生徒と保護者に謝罪?悪いのはどっちだ!

   授業に遅れてきたうえ、教諭に「ばか」「死ね」などと暴言を吐いたことは許されることではない。謝罪してしまっては何のための平手打ちをしたのか、意味をなさなくなってしまう。大切なのは暴言がなぜいけないかを生徒に教え、保護者に説明するだけで事足りたのではないか。しかし、番組の流れは体罰根絶。コメンテーターの夏野剛(慶応大特別招聘教授)が「これはちょっと違うのでは」と口を挟んだが、流れは変わらなかった。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中