全柔連に1人もいない女性理事「女に口挟ませないと意図的な排除」

印刷

   柔道女子の選手たちの叫びは悲痛なものだった。きのう4日(2013年2月)、柔道女子日本代表の園田隆二前監督(39)らの暴力やパワーハラスメントを告発した15人の選手の声明文を代理人の弁護士が発表した。

   それによると、「前監督の暴力やハラスメントで心身とも深く傷ついた。人としての誇りを汚され、監督の存在におびえながら試合や練習をしていた」と、告発に至った事情を述べ、それにもかかわらず「私たちの声は全日本柔道連盟内部で封殺され、JOC(日本オリンピック委員会)に告発したが、そこでも十分に拾い上げられなかった」と全柔連、JOCの対応を非難、「強化体制や組織体制の問題点が明らかにされないまま、前監督の辞任で問題解決が図られることは決して真意ではない」と指導体制の刷新と体質改善を求めた内容になっている。

国際オリンピック委員会「スポーツ団体の女性役員比率20%」通達

   司会の羽鳥真一「選手の立場からすると、全柔連に対するクーデターといってもいいぐらいの行動ですね」と、ゲストのソウル五輪柔道女子銅メダリストの北田典子に聞く。北田は「柔道だけでなく、日本のスポーツ界を変えなければという相当の覚悟があったと思います」と話す。

クーデター

   全柔連の体質をあらわす役員構成について、リポーターの所太郎が解説した。「全柔連には26人の理事がいますが、男性のみで女性は1人もいません。IOC(国際オリンピック委員会)は2000年に2005年末までに各種スポーツ団体の女性役員の比率を20%にするよう通達を出しています」

   司会の赤江珠緒「これはなぜですか」

   北田「やはり男性社会ですから、技術的な面、理論的な面を含めて、女性では不足と思われているところが大きいと思います」

   コメンテーターの宮田佳代子(元ニュースキャスター)は「女性の理事がいないのはたまたまじゃなくて、女性はいらないという意図的なゼロ。これはやっぱり不自然だと思います。全柔連そのもの考え方があらわれていると思います」と指摘する。

期待できない自浄能力。第三者委員会で体質改善はかれ!

   告発した選手たちの思いは、そうした全柔連を含めた全体の体質改善を要求しているが、全柔連の上村春樹会長は「監督の辞任で終わらせるわけではない」としながらも、「強化体制は全面的に変わるかもしれないし、今のところはわからない」といい、選手たちとまだまだ現状認識に大きな隔たりがあることをうかがわせる。

   舘野晴彦(月刊「ゲーテ」編集長)は「内部の自浄作用は難しい。基本的には第三者委員会をつくらないとダメだと思う」というが、その動きは見られない。いじめや体罰、暴力に対して仲間内での穏便な処分と隠蔽体質。最近、同じような事例が続く。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中