全柔連・吉村理事、徳野コーチも辞任!告発声明文で女子選手から名指し

印刷

   柔道女子のパワハラ問題がいまだおさまらない。きのう5日(2013年1月)午後、全日本柔道連盟の吉村和郎・強化担当理事が辞任を表明した。徳野和彦コーチも遠征先のヨーロッパから帰国して、辞任届けを出した。入れ替わりに、女子チームがパリへ発ったが、みな固い表情だった。

ロンドン五輪代表発表をテレビ中継させ選手さらし者

   吉村理事は「告発の意図がわからない」といいながらも、「一方的な威圧があって、選手には苦痛だったのかなとは感じる」「私の監督不行き届き。園田監督1人に背負わせてはいけない。最高責任者の私が辞めるのが順当。選手は本来の姿に戻って励んでもらいたい」と話した。

どうなるのでしょう

   おととい公表された強化選手15人の告発声明文は、「監督1人に責任を負わせるのは私たちの本意ではない」と連盟の体質改善を求めるなかで、吉村を名指しして強化体制のあり方を問う厳しいものだった。

   吉村はシドニー、アテネ五輪で柔道女子の監督をつとめ、10個のメダル獲得という実績を残したが、強化委員長で臨んだロンドン五輪では金1個に終わり、責任を問う声もあった。しかし、新設の強化担当理事に就任し、むしろ「昇格」となった。選手の声明はここを指していた。

   選手たちの声明文は、ロンドン五輪代表選手の発表があった昨年5月、選手たちはホテルの一室に集められ、当落の瞬間の様子をテレビでナマ中継されたことにも触れていた。「互いにライバルとして、切磋琢磨し励まし合ってきた選手相互の敬意と尊厳をあえて踏みにじるような連盟役員や強化体制陣の方針にも失望し、強く憤りを感じた」とあった。吉村は「さらし者みたいでかわいそうなことをしたかな」と、あまり気にもしていないようだった。

代理人弁護士「選手に敬意払ってこなかった日本柔道界の監督・コーチ」

   スタジオに、選手たちの訴えの代理人の辻口信良弁護士とバルセロナ五輪銀メダリストの溝口紀子さんがいた。辻口弁護士は「選手たちもこういう形で(暴行やパワハラが)公表されるとは思っていなかったようです。全柔連のなかで解決してくれると願っていたが、 これが動かないので、やむを得ずこうなったわけです」

   司会のみのもんた「なぜ動けないのですか」

   溝口「責任問題もあるから、握りつぶしたい。女性がいなかったし」

   辻口「選手たちは自分たちの声を聞いてもらいたかった。ところが、その前にどんどん決まってしまって納得できなかったようです。だれが辞めるべきとかは、選手は言っていません」

   溝口「信頼関係ですよ。耳を傾けて調整していればこうはならなかった」

   五輪代表発表のさらし者については、溝口は「私が選ばれても辛かったと思います。ライバルが死刑宣告を受けるのをみんなの前で見せるんですから。選手が商品にされてしまった」と言う。

   辻口「キーワードはリスペクトです。(監督やコーチが)選手に敬意を払っていない」

   慶応大・片山善博教授「全柔連で出てくるのはみんな男。女性が活躍しているのに、異様な感じがしますよ」

   溝口「女性でも指導者はいますよ。フランスの連盟ではたしか26人の理事のうち5人が女性で、2人は副会長です」

   辻口「みんな柔道が好きな人たちなのに、立場によってベクトルが異なってしまう。監督はそれなりの思いがあったにせよ、選手は生殺与奪の権限を握られているような…」

   みの「これからどうなるのでしょう」

   辻口「15人は今後の柔道界を背負っていく人たちです。きっちりと守ってあげたい」

   みの「やっぱり公にしないといけない。みんなが見ているようにしないと」

   パリの国際大会に出場する選手たちはきのう成田を発ったが、園田監督のあとを継いだ田辺勝監督代行は、「選手たちが100%力を出せるよう、しっかり自分の仕事をしたい」と話している。選手たちは結果で答えるしかない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中