2018年 7月 22日 (日)

市民ランナー川内優輝!久しぶりにはしたなく興奮したぞ…実業団なんか蹴っ飛ばせっ
<2013別府大分毎日マラソン大会>(TBS系)

印刷

   何をやっても上手くいかないTBSが、マラソン中継だけは得をしている。別府大分にしろびわ湖にしろ、伝統があってトップクラスのランナーが出る両大会は、新聞社の老舗・毎日新聞がもっているので、系列のTBSが放送できるからである。後発の大会しか放映できない放送局はギリギリギリと悔しがっているはずである。
   今回の大会は久しぶりに興奮し、達成感があった。何故なら、女のチームQのような応援隊に囲まれてやっている選手と違い、優勝した川内優輝は、孤独に走り込んできた市民ランナーだったので、自然と判官びいきで応援していたからである。28キロ地点の中本選手と抜け出したころから、もう掛け声だらけ。「おい、埼玉県庁頑張れ!」、「いけーーーっ。定時制!」、挙句の果ては「抜け出せっ、公務員、逃げろっ、公務員、実業団なんか蹴っ飛ばせーーーっ!」。
   われながらはしたなく、人様には見せられない応援の仕方である。中本選手を振り切れなくて、「やっぱりダメか」と諦めかけた時、5度目の坂の仕掛けですすーっと前に出たが、川内の鬼の形相はいっぱいいっぱいに見え、今度は最後までもつのかとの心配が先に立った。いくら若くても、3週間の間に5度もレースに参加するとはむちゃくちゃである。彼の猪突猛進を信じてロンドンオリンピックに出しておけば、6位の中本よりいい成績を出せたのではないかと残念だ。解説の宗茂は瀬古利彦のように威張らないので好感がもてる。(放送2013年2月3日11時50分~)

(黄蘭)

採点:1.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中