SKE秦佐和子「足の指を骨折しました。簡単に折れるものなのですね」

印刷

   SKE48の秦佐和子(24)は足の指を骨折したが舞台には立ったと2月7日(2013年)にブログで明らかにした。突き指かと思ってテーピングしていたが、念のために病院に行くと、剥離骨折と診断されたという。公演の一部は休んだが、「骨折だからと心配していただくのが おこがましいくらいの怪我なので、骨折だというのが恥ずかしいくらいです」と気丈に振る舞っている。

   また「こんなに簡単に指の骨って折れるものなのですね」と初めての骨折に驚き、「足の指に関してはぶつけたりすることもよくあったので、知らないうちに骨折して自然治癒していたのでは、と思いました。考えてみれば、足の指で一本明らかに関節の個数がというかなんだか形がおかしい指があるんですよね」と告白している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中