フジ「日9ドラマ」討ち死に!3月終了-アヤパン「バラエティ」で起死回生なるか?

印刷

   55年続くTBS系の名物ドラマ枠「日曜劇場」(日曜よる9時)を切り崩せとばかり、2010年秋にバラエティーから編成替えしたフジテレビ「日9ドラマ」があえなく討ち死にした。現在放送中の「dinner」を最後に、この4月(2013年)からフリーの高島彩アナ(33)とお笑い芸人・加藤浩次(43)を司会にバラエティ―番組「テレビ社会実験バラエティ あすなろラボ(仮)」に戻る。

   フジの「日9」は「マルモのおきて」(2011年4~7月)のヒットはあったが、視聴率でTBSの日曜劇場に大きく引き離されることが多く、「家族のうた」は視聴率3%台と低迷し、途中打ち切りになるほどだった。日曜夜にドラマに挑んだものの、「南極大陸」「JIN~仁~」などの話題作をぶつけてきたTBSに返り討ちにあったというわけだ。

   新番組は限界集落の解消や自然エネルギーだけで生活できるかなど、社会問題をタレントが実体験してみるという内容だという。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中