入院中の千鳥ノブ「完治してから復帰。また蹴ったり押したりイジッてください」

印刷

   脳へ血液を送る首の動脈が裂ける「未破裂左椎骨動脈解離」で入院していたお笑いコンビ「千鳥」のノブ(33)が2月12日(2013年)、ツイッターで「心配をかけた皆さん、先輩、後輩関係者の本当にすみませんでしたー!」と書き、元気な様子をファンにアピールした。

   数日間、頭痛が続き、先輩の海原ともこ(41)から検査をすすめられて病院にいったが、「そのままほっといたら脳動脈が破裂してゾッとする事になっていました」という。入院のため舞台を休んだことを謝罪し、「完全に治して復帰しますのでまた蹴ったり押したりイジッて下さいー!」と呼びかける。また相方の大悟(32)について、「皆さんピン芸人大悟の事おいしくしてやって下さい!」と気づかいを忘れなかった。

   ノブは2月10日に大阪市内の病院に入院。手術はせず、投薬のみで治療を行っている。約1週間の入院予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中