浜口親子連名で嘆願「歴史あるレスリングが永遠に除外されないように」

印刷

   2020年夏季五輪の実施競技から外される見込みとなったレスリングについて、女子72キロ級銅メダリストの浜口京子(35)は「歴史あるレスリング競技がオリンピック競技から永遠に除外されない事を心より祈念致しております。浜口京子 アニマル浜口」と親子連名で2月13日(2013年)のブログに書いた。

   浜口は過去3回五輪に出場しており、2004年アテネ、2008年北京では銅メダルに輝いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中