2018年 7月 16日 (月)

浜口親子連名で嘆願「歴史あるレスリングが永遠に除外されないように」

印刷

   2020年夏季五輪の実施競技から外される見込みとなったレスリングについて、女子72キロ級銅メダリストの浜口京子(35)は「歴史あるレスリング競技がオリンピック競技から永遠に除外されない事を心より祈念致しております。浜口京子 アニマル浜口」と親子連名で2月13日(2013年)のブログに書いた。

   浜口は過去3回五輪に出場しており、2004年アテネ、2008年北京では銅メダルに輝いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中