乙武洋匡「独島アピールのサッカー選手にメダル授与。五輪に対する冒涜」

印刷

   国際オリンピック委員会(IOC)は2月12日(2013年)、ロンドン五輪・サッカー3位決定戦、日本対韓国の試合後に「独島は我が領土」と書かれた紙を掲げた朴鍾佑(パク・チョンウ)選手を戒告処分とし、保留していた銅メダルの授与を決定した。

   これを受けて、作家の乙武洋匡(36)は「この裁定には抗議の意を示したい」と自身のツイッターで不満をあらわにした。「僕のなかに一切の嫌韓感情はないし、むしろ韓国の人々にはとても好意を抱いている」と断った上で、「それとはまったく別の次元」として抗議。「彼の行為は、五輪に対する冒涜である」と批判している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中