2018年 7月 19日 (木)

乙武洋匡「独島アピールのサッカー選手にメダル授与。五輪に対する冒涜」

印刷

   国際オリンピック委員会(IOC)は2月12日(2013年)、ロンドン五輪・サッカー3位決定戦、日本対韓国の試合後に「独島は我が領土」と書かれた紙を掲げた朴鍾佑(パク・チョンウ)選手を戒告処分とし、保留していた銅メダルの授与を決定した。

   これを受けて、作家の乙武洋匡(36)は「この裁定には抗議の意を示したい」と自身のツイッターで不満をあらわにした。「僕のなかに一切の嫌韓感情はないし、むしろ韓国の人々にはとても好意を抱いている」と断った上で、「それとはまったく別の次元」として抗議。「彼の行為は、五輪に対する冒涜である」と批判している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中