2018年 7月 20日 (金)

歩行者専用踏切に「当て逃げ暴走車」通行人はね飛ばし死傷―東京・京成線

印刷

   「無茶苦茶ですね、コレ」とコメンテイターのテリー伊藤が言う。「スッキリ!!」のけさ15日(2013年2月)のニュースのなかでは、きのう午後、東京・葛飾の京成線踏切で起きた事故がもっとも驚きをもって迎えられたようだった。

鉄柵に激突し横転しながら空に舞い踏切を飛び越え

   「スッキリ!!」によれば、猛スピードで走行中の自動車が歩行者専用踏切の車止め鉄柵に激突し、横転しながら空に舞い踏切を飛び越えた。その間に踏切内を通行していた2人をはね、うち1人は死亡したという。運転手も重傷を負っているものの命に別状はなく、警察によれば自動車運転過失致死傷の疑いがあるそうだ。

逃げるのに必死

   この車は事故直前に現場近くの交差点で接触事故を起こしており、逃走中だったという。車の逃げ道は線路に突き当たっており、線路沿いに右折すべきところをまっすぐ歩行者専用の踏切に向かっていったそうだ。

   それにしても理解しがたい行動ではあり、司会の加藤浩次も「逃げることに必死でワケがわからなくなっていたのか」と首を傾げ気味であった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中