<サキ>
不気味な「仲間由紀恵」男を破滅させてはステーキ&ワイン!狙われたら最後…すでに自殺2人、逮捕1人

印刷

   仲間由紀恵演じる網浜サキが何を考えているかさっぱりわからず、不気味で怖い。やはり仲間が悪女を演じた「美しい隣人」のスタッフが集結し制作しているというが、怖さ倍増。ミステリーというよりホラーの域だ。

   網浜サキは男を次々と手玉にとり、ターゲットにされた男性は次々と謎の死を遂げ、これまでにIT企業社長・中川(姜暢雄)、弁護士・野村(萩原聖人)の2人が自殺に追い込まれた。彼らの死を確認すると、サキは自宅の冷凍庫に保存していたステーキ肉を不敵な笑みを浮かべながら焼き、あらかじめ注文しておいたその男の生まれ年の赤ワインを飲み干す。なにかの儀式のようにも見えるが、追悼なのか祝杯なのかは謎だ。なぜそんな行動をとるのか、いっさい明かされていないので不気味さが増す。

   サキは料理上手という設定で、料理を作ったり食べたりする場面が多い。カニの足を引きちぎって頬張り、生ガキを啜る。見ようによってはエロティックなこれらの場面は、男性視聴者へのサービスか。なにかの暗示なのだろうか。仲間の台詞、仕草、目線、行動、すべてが意味あり気で、気になってしょうがない。

父親と息子誘惑して親子関係崩壊…「家族の絆なんて虫唾が走る」

   第3のターゲットは空調整備員の本田(岡田義徳)だった。ほかにも、サキの勤める病院の院長(高島政伸)、サキの行きつけのワインショップ店員(庄野崎謙)、サキが自分は姉だと名乗り近づいた雑誌記者・新田隼人(三浦翔平)など、ロックオンされている男が3人ほどいる。

   6話では、院長とワインショップの店員が親子であることが明らかになった。父親と息子を誘惑しておいて、息子に接近して父親に嫉妬させ、親子関係を崩壊させるねらいか。7話では本田が傷害事件で逮捕された。自殺ではなく逮捕でもステーキ&赤ワインの儀式を行っていたので、謎はますます深まる。破滅させれば目的を果たしたことになるのか。7話のラストでサキは、新田に「なにも疑いなく家族の絆を信じる人を見ると虫唾が走る」と言い放った。

   冷凍庫に残されたステーキ肉は2枚…。最終回まで目が離せない。(フジテレビ系火曜よる10時~)

くろうさぎ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中