鮮やか!たった11分で46億円ダイヤ強奪―ベルギーの空港で離陸直前の飛行機襲撃

印刷

   この「スッキリ!!」では日々さまざまの犯罪事件が取り上げられるが、その犯罪にも流行りすたりがあるようだ。たとえば、銀行強盗といえば映画やドラマでおなじみの犯罪の花形的存在だが、実際にワイドショーなどでお目にかかることはまずない。警備が厳しすぎて割が合わないらしく、近年の犯罪者には不人気なようだ。逆に言えば、お宝は別の場所でもっと楽に手に入れられるということなのかもしれない。

内部に協力者?これまで3度も同じ強盗事件

   「スッキリ!!」が伝えるところでは、ベルギーのブリュッセル国際空港で18日(2013年2月)、5000万ドル(約46億円)のダイヤモンド(原石含む)強盗事件が起きた。賊一味は2台のクルマに分乗して空港に侵入、お宝を積んだ離陸前の飛行機にまっすぐ向かうと、8人が銃で脅かしてお宝を簡単に奪い即座に逃走。空港内にいた時間はしめて11分間だった。

セキュリティーがダメ

   あまりの手際のよさに、内部の協力者の存在が疑われているほか、空港の警備態勢にも批判が出ているという。この空港では似たような強盗事件が過去に3度も発生しているそうだ。

   司会の加藤浩次は「空港のセキュリティーを早急に厳しくしたほうがいい。そこをしっかりやんないとって話ですよ」と厳しくダメ出ししていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中