アベノミクス3本目の矢「成長戦略」につながるか?1発勝負の綱渡り

印刷

   長くて暗かったトンネルの出口が近づきつつあるのか。まだ出口の光が見えないのに、そんな期待感から円安が進展し株価が上昇している。キッカケとなったのはアベノミクス。「金融緩和」「財政出動」「成長戦略」を3本の矢に見立ててデフレ脱却を目指している。

   ただ、本当にデフレ脱却をはたし、新たな日本経済の絵姿が見えてくるのはまだ先だ。金融緩和と財政出動という2本の矢から、3本目の矢である成長戦略へどう繋ぐか、それができたうえでの話である。

   円安に伴い新たな課題もでてきている。高騰している原油などの輸入価格が円安でさらに上昇し、海外から調達している部品も割高になりつつある。新たな経済政策で日本経済は再生できるのか。

輸出企業も「にわか円安」半信半疑…為替に左右されたくない

   昨年末(2012年)まで1ドル=80円台で推移していた円相場は、この3か月間に13円円安に振れ、日経平均株価も8000円台から1万1000円を超える水準に回復した。輸出企業にとっては大変な追い風で、資産価値の上昇で消費が回復する動きも出始めている。期待先行で始まった円安が輸出企業に何をもたらしているのか。

   米ニュジャージー州にある富士重工業(本社・東京)の販売店では、スバルの乗用車を25000ドルで販売してきた。昨年11月までは1ドル=80円換算で200万円だったが、今年2月(2013年)は1ドル=93円換算で232万円と32万円の売り上げ増加になった。この結果、今年度の富士重工業全体の円安差益は233億円にのぼると見込まれている。もともと車の7割を輸出に依存し、円高では利益の出にくい構造だった。

   一方、円安が進んでも海外生産の方針を変えない企業もある。自動車の変速機を生産する大手部品メーカーのジャトコ(本社・静岡県富士市)は、海外生産の割合を現在の2割から6年後には7割に増やす計画だ。現在、メキシコと中国で現地生産しているが、タイにも生産拠点を作り、メキシコには新工場を建設するという。その理由について、「為替に左右されない強い体質を作らないといけないということであれば現地での地産地消が第一だ」と説明する。

輸入物価急上昇、賃上げは長期の景気回復見えてから…

   たしかに、大幅な円安は追い風には違いないが、GDP(国内総生産)に占める輸出の割合はいまや2割に満たない。その中で円安恩典の広がりをどう見たらいいのか。国谷裕子キャスターのこの疑問に、NHK経済部デスクの湯浅庸右はこう解説した。

「今のところ、中小企業は円安でわっと受注が増えているかというと、そこまでいっていません。経済全体を押し上げるところまではなお時間がかかるということです」

   国谷「逆にエネルギーの輸入価格上昇が気がかりですね」

   湯浅「原油の国際価格が値上がりし、そこに円安が加わりました。ガソリン価格がどんどん上がっています。きょう(20日)発表されたガソリン価格の全国平均は、2年9か月ぶりに11週連続の値上がりとなりました。1リットル155円まで来ている。生活に車が欠かせない地域ではフトコロに響いてきます。

   また、景気回復が長期間続くという予測が出てこなければ、企業に賃金を引き上げる動きは出てきません。そこで、本格的な景気回復を狙って2本目の矢の『財政出動』となるわけです」

   財政出動の柱は、補正予算と新年度予算を合せて7兆円という公共事業費である。

   国谷「巨額な借金を抱える中で、何度も繰り返すことはできないわけで、効果的に使って欲しいですね」

   これに湯浅はこう答えた。「国会の答弁を聞いていると、安倍政権は十分そこは認識しているようです。景気実態は昨年の11月を底に回復へ向かい始めていて、その中での財政出動だが、これはあくまで時間稼ぎの政策にすぎません。今後は3本目の矢の『成長戦略』が焦点になります。メニューはすでに出揃っているという指摘もあり、今度こそ絵に描いた餅に終わらせずに実行に移すことが大事になります」

   1回きりしか許されないアベノミクスは、3本目の矢に繋げることができるかどうかが正念場になる。失敗すれば、賃金アップが実現できないまま物価だけが上昇、国にはさらに巨額の借金が積み上がり、国民は消費増税だけを味わうということになりかねない。

モンブラン

NHKクローズアップ現代(2013年2月21日放送「アベノミクス 日本経済は再生するか」)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中