選挙に勝ったらウヤムヤ「衆院定数是正」自民党は身を切る改革やる気ナシ

印刷

   自民、公明、民主3党の幹事長が初めて会談し、選挙制度の見直しについて話し合ったが、先の解散・選挙の「合意」のはずの今国会中の衆院定数是正は動き出しそうにない。民主党の細野豪志幹事長は「3党合意は解散させるための方便だったのではないのか」とまでいう。

石破茂幹事長まるで他人事「今国会中にできたらベストだねえ」

   昨年11月16日(2012年)、3党は選挙制度で以下のような合意をしていた。「衆議院議員の定数削減については、選挙制度の抜本的な見直しについて検討を行い、次期通常国会終了までに結論を得た上で必要な法改正を行うものとする」

唇滅びて歯寒し

   その2日前の14日の党首討論で、野田首相(当時)は「特例公債法案、1票の格差と定数是正。このことについて早期に成立させる安倍総裁の確約をいただきたい。定数是正はやらなければいけない。ご決断をいただくならば、16日に解散してもいい」といった。これを受けて安倍は「定数是正を来年の通常国会(今の国会)で成立させたいという。私たちも全面的に協力してまいります」といった。

   その結果の解散・総選挙、自民圧勝、政権交代である。ところが、幹事長会談では3党合意の確認、実務者間で情報交換の場を設けることは確認されたが、具体的にいつまでに法改正するかは結論にいたらなかった。

   自民の石破茂幹事長は「今国会中にできればベストですが、3党だけで決められない。3党で合意したから今国会中に法改正ということにはならない」と「合意」をひっくり返し、民主の細野は「自民党は議席をとったら、定数削減について今国会中に結果を出すという熱意が感じられない」という。

   司会のみのもんた「唇滅びて歯寒しというけれども、国会議員の気持ちをわれわれはもう1回よおく見ないとダメだね。こんなことでいいんですか!」

3月から「違憲判決」次々…選挙無効が出たらまた総選挙?

   柿崎明二(共同通信編集委員)「本来、国会議員の定数はこんな乱暴な議論じゃなくて、別の角度から議論すべきだと思うが、3か月前に自分たちが約束してますよね。 だったらやらないといけない」

   みの「国会議員の数が多すぎませんか、日本の場合…」

   柿崎「そうでもない」

   池田健三郎(評論家)「人口比では日本が多すぎるということはない。ただ国民から見るとパフォーマンスの悪さ、決めることも決められない、コストがかかるということはいえる」

   みの「かかる費用を考えたら半分でもいい。1人年間1億何千万円でしょ」

   弁護士の菅野明子が「選挙の違憲状態をめぐる判決が来月出ます。そういう状態にあるということで、隣の人は2票もってる、自分は1票しかない。この不公平さを理解しないといけない」

   柿崎「まどろっこしく見えるのは、数の問題よりは、衆議院と参議院の役割がはっきりしないまま同じようなことをやってるというのが大きいですよね」

   みの「違憲判決は出るのでしょうか」

   菅野「出るかも知れません。(これまでが)違憲だと選挙が無効になるからと配慮していたが」

   池田「国民の主権が損なわれている状態だから、いい加減にしろと司法がいう可能性もないとはいえない」

   みの「自民は解散させるために合意した」

   柿崎「そういう風にとられちゃう」

   みのがカメラに向かって、「今これを見ているみなさん、真剣に考えた方がいい。生活に直結する問題ですから」

   国会の会期は6月26日まで。4か月もあるというか、4か月しかないというか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中