東京・北区「連続放火」7件立て続けの異常さ…途中から手口変更、複数犯説

印刷

   東京・北区で22日(2013年2月)、半径300メートルの住宅街で7件の不審火があった。午後5時頃に発生した3件目の火事は家を数軒全焼させるものであった。「スッキリ!!」によれば、連続放火事件の可能性も浮上しているという。

3件目と4件目の間に2時間の空白

   1件目から3件目の火災と、それ以降では(放火だとすると)手口が違うらしい。3件目までは家の敷地内に立ち入らないと火が付けられないが、4件目以降は駐車車両や建築資材など屋外のものに火を付けている。さらに、3件目と4件目の間は2時間ほど時間があいている。この手口の変化と空白の2時間をめぐって、スッキリ!!捜査本部では犯人プロファイリングがまとまらなかった。

続ける異常

   コメンテイターのテリー伊藤は「3件目でかなりの火が出た。放火犯は火を見るとスカッとしてそこでやめる(また別の日にやることはあるが)んですよ。そこからさらに続けるというのは異常ですね」と指摘する。勝谷誠彦(コラムニスト)はそこに「別の人格」を感じ、複数犯説を唱えた。「空き巣メインで放火をしている」犯人と、その放火に触発されて4件目以降の放火を行った者がいるんじゃないかというのである。

   この2人はたびたび反りや意見が合わないところがあるだけれど、けさもテリーは勝谷説に「それはどうかなあ」と疑問を投げかけていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中