TPP矢面「日本農業」国内にも同情論少ない「保護され過ぎ」「お役所頼み」

印刷

   TPP交渉参加がいよいよ決まりそうな気配になってきた。TPPによる自由貿易の推進は、日本のクルマをたくさん売るには都合がいいが、安い農作物が入ってくると日本農業が大打撃を受ける懸念がある。いまのところ、政治家のタテマエはクルマは安く売る一方で、外国の農作物などは高く売らせて農業を守る―というものだが、そううまくいくのか。「スッキリ!!」ではそんな二律背反が話題となり、TPPの足かせとなる「経済弱者」に対して厳しい意見が続いた。

農協系雑誌に「役人の方がムカつくから」と原稿拒否された勝谷誠彦

「正直言って、日本の農業は保護されすぎてた部分がある。これからも保護されて、ほんとに世界的に力がつくのか。ちょっと厳しく農業のほうを見ないとダメだと思いますね」(キャスターのテリー伊藤)
呆れた体質

   「愛国」的な言動が売り物の勝谷誠彦(コラムニスト)も続いた。「農業、大事ですよ。ある程度コストもかけなければいけない」と口火を切ったときには、自給率やら食料安保やら、日本の伝統、カネで換えられない価値などを力説するかに見えたが、話はまったく違う方向に進んだ。勝谷は農協系の雑誌にTPPについての原稿を依頼され、「農業守りたいけど、農業もちゃんとしないといけないよ」なる内容を書いた。すると、「役人の方が読んで、ムカつくといけないから」との理由で不本意な原稿の修正を求められ、最終的に原稿を引き揚げたという。「そういうことやってると、(農業は)ボクらの同情っていうか、同意得られないよね」と勝谷はあきれ顔だ。

   また、2人とも日本農業の経済規模の小ささ(GDPにおいて、あるいはクルマの売り上げにくらべて)を指摘した。日本を守れ!の掛け声も勇ましい昨今だが、けさの「スッキリ!!」からすると、日本の農業はどうやらその選にもれてしまいそうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中