朝ドラ「純と愛」撮影終了、夏菜「私は崩壊寸前でした」

印刷

   約1年にわたったNHKの朝ドラ「純と愛」の撮影が終了し、主役「純」を演じた女優の夏菜(23)は2月24日(2013年)のブログで、「3年くらいじゃなかった?って思うくらい、濃い毎日でした」と振り返った。

   始めのうちは役がつかめずに苦労し、演技するたびに脚本の遊川和彦から「違う!」と怒鳴られたと言い、「もうみんな敵にしか見えなくて 笑」と明かしている。番組スタート後も視聴者の思わしくない評判を耳にして、「もう何が正解かわからなくなって。私は崩壊寸前でした。いや崩壊してました。笑」という。

   しかし共演した風間俊介(29)やスタッフらに支えられて乗り越えられたと語り、「みんなに出会えたことに感謝です。私の宝物です」と書く。撮影が始まってからの1年を「この一年、たくさん苦しんだけどたくさんの笑顔がその倍くらいありました。私は純を演じることができて本当に良かったって心から思います」と喜んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中