朴大統領プレゼントされた「珍島犬」めちゃ可愛くて日本でもブームになるかも

印刷

   韓国の朴槿惠(パク・クネ)氏(61)がきのう25日(2013年2月)、第18代の大統領に就任した。初の女性大統領の誕生だ。就任式で朴は「国民が望む第2の漢江(ハンガン)の奇跡を成し遂げます」と宣言した。草稿など一切なし。そうだ、こういうときに紙なんか読んじゃいけない。

   国会前広場で行われた就任式には7万人が招待されたが、日本からは森喜朗、福田康夫、麻生太郎と3人の元首相が並んだ。人気歌手PSYらのアトラクションがあったりして一風変わった雰囲気だったが、登場した朴は堂々たるものだった。

麻生副総理との会談では「歴史認識」で牽制

   朴大統領が「経済復興と国民幸福、文化隆盛を成し遂げる」としてあげた「漢江の奇跡」とは、父の朴正煕元大統領が率いた1960年代から70年代の高度経済成長のことだ。朝鮮戦争の痛手から短期間で成し遂げた復興を奇跡と呼んだ。その父への思いがこもる。

日韓関係は?

   北朝鮮にも言及した。「北朝鮮の核実験は国民の生存と未来に対する挑戦であり、その最大の被害者は北朝鮮。互いに約束を守るとき信頼を積み重ねることができる」と核の放棄と信頼の構築を呼びかけた。

   各国との関係では、「アジアでの緊張と葛藤を緩和させ、平和と協力がいっそう広がるよう、アメリカ、中国、日本、ロシアなどとより一層厚い信頼を積むでしょう」と述べた。

   午後にソウル市内をパレードしたあと、33年ぶりとなる大統領府「青瓦台」へ入った。父の時代の74年に母が撃たれ、その後は母に代わりファーストレディーの役を務めたが、79年にはその父が暗殺された。その後、長い時を経て政界入りしたが、06年には本人が暴漢に襲われ危うく命拾いしている。

   青瓦台でさっそく麻生副総理・財務相との会談に望んだ。会談後、麻生は「未来志向で緊密な協力をしていこうということで一致した」と話したが、朴は「友好のためには歴史を直視し、被害者の苦痛への理解が必要」と「歴史認識」でけん制した。

韓国・珍島の固有種で秋田犬似の顔と体型

   司会のみのもんた「日本との関係はどうなりますか」

   元外交官の美根慶樹氏は「朴氏は日本でいう保守本流とされているので、自民党の総裁のように思われるが、かなり違うところがあります。それが歴史問題で、『歴史問題を解決しないと一歩も前へ進まない』とはっきりしています」

   みの「そのズレはどうしたらいいんでしょうか」

   美根「靖国、慰安婦、竹島、教科書とあるが、魔法の杖みたいなものはありません。朴さんは逃げてはいけないというが、日本の政治家がまともに受け取ってくれないという気持ちを持っているようです。一つひとつ探っていくしかない」

   朴はこの朝、自宅を出たところで、近所の人たちから韓国原産の「珍島犬(チンドケン)」の子犬をプレゼントされた。日本の秋田犬によく似た顔つきと体型だ。独身大統領にはいい家族になりそう。このイヌがめっちゃかわいかった。ひょっとしてブームになるかもという予感がする。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中