2018年 7月 19日 (木)

韓国裁判所「対馬の盗難仏像、日本に返還するな」ソウル市民も首かしげる決定

印刷

   「まさかの決定でしたね」と司会の羽鳥慎一があきれたようにいう。長崎県対馬市で盗まれた仏像が韓国で見つかった事件で、韓国の大田地裁は仏像が日本に正当に渡ったことが証明されるまで返還してはならないという仮処分の決定を出した。冷え込んでいる日韓関係の修復の動きに水を差すような話だ。

韓国弁護士「文化財不法輸出入等禁止条約と矛盾してます」

   この仏像は昨年(2012年)10月、対馬市の観音寺から盗まれた長崎県の有形文化財の「観世音菩薩坐像」で、鎌倉時代末期に朝鮮半島でつくられ、数百年間にわたり対馬市で祭られていたものだ。今年(2013年)1月、韓国警察当局によって容疑者が逮捕され仏像も回収された。てっきり日本に返ってくると思われたが、韓国内で「もともと韓国のもので、略奪されて日本に渡ったものだから返還するな」といった声が上がり、仏像の移転禁止仮処分の申請が出された。

呆れます

   数百年も前のことを理由に返還拒否できるのか。韓国でも疑問の声がある。ソウルで若い女性に聞くと「日本に返すのは当然です。国家間の争いの原因にもなりかねませんし」と話している。別の女性も「いったん日本に返し、話し合って持って来た方がいいと思う」と語る。韓国の法律に詳しい韓国弁護士の朴寅東氏は「裁判所の仮処分決定は、文化財不法輸出入等禁止条約と矛盾するので異例な決定と思うが、韓国政府としては従うしかない。韓国政府も頭を悩ましていると思う」と話している。

反日感情優先で犯罪(盗難)是認という不思議な判断

   アナウンサーの小松靖「国際法に則れば、日本に返すのが当然だろうということですが、それに逆行するような話になっています」

   コメンテーターの松尾貴史(タレント)「日本に対する感情を優先して、盗難という犯罪を是認するようなことにつながりかねない判断を、法を守る立場の裁判所が下しているという腑に落ちない話ですね」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)は「韓国は国際ルールを守らない国だねといわれることになる。(仏像渡来の事情が略奪などではなく)友好の証しとして渡ってきた可能性だってあるかもしれないのに…」

   この件について、菅義偉官房長官は「外交ルートを通じて国際法に基づいて速やかに返還を求めていきたい」といっている。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中