2018年 7月 16日 (月)

旭川ラーメンの新顔「ホルメン」食べてみたい!ダイヤモンド☆ユカイ「文化のクロスオーバーだ」

印刷

   生粋の道産子の増子有人アナは得意げだ。「冬の旭川は3日に1度はマイナス20度になります。ところが、この旭川では冬の季節に観光客が50%も増えているんです。20年前に生まれたスノーハイキングツアーや氷の彫刻世界大会とイベントが盛りだくさんで、なかでも人気なのがこのここでしか食べられない『旭川しょうゆホルメン』なんです」

   ホルメン?いったいどんな新メニューなのか。

名前の通りアレとアレの合わせ技。1杯800円

   ゲストのダイヤモンド☆ユカイが見つけた店「羅亜~麺 加藤屋」北門町本店の前には、赤地に白抜きで「旭川しょうゆホルメン」ののぼりが旗めいていた・さっそく注文すると、出てきたのは名物の旭川ラーメンにどっさりとホルモン焼きが盛られたものだった。店主の萩中憲治さんは胸を張る。

「旭川名物のホルモンと旭川ラーメンの合わせ技なので『ホルメン』と名付けました。これ、市内6店のラーメン屋が協力して開発した新グルメなんです」

   ユカイ「食べたことなかったけれど…、うん合いますね。これは文化のクロスオーバーだね」

   使う醤油も豚肉もホルモンもすべて旭川産で、1杯800円だ。6つのお店ではそれぞれ違ったホルモンを乗せるので、はしごもありというわけである。

   スタジオに萩中さんが調理して、井ノ原快彦キャスターが試食した。

   有働由美子キャスター「味が濃いホルモンがラーメンの邪魔をしていないの?」

   井ノ原「全然ケンカしていない。相乗効果でね、さっぱりラーメンと濃い味ホルモンが繰り返し続くんですよ」

   現在は旭川市内の6店でしか食べられないが、レトルトにして全国展開も予定している。まあ、東京、大阪のデパートの北海道物産展に間もなく登場しそうだな。

(磯G)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中