板東英二タレント引退へ!『脱税』の説明要求に応じず「ふしぎ発見!」クビ

印刷

   名古屋国税局から約7500万円の申告漏れを指摘されたタレントの板東英二(72)について、TBSの佐々木卓編成局長は27日(2013年2月)、「(所得隠しについて)ご説明をいただきたいと事務所に申し入れたが、応じてもらえなかった」ため、レギュラー出演していた「世界ふしぎ発見!」(土曜よる9時)を降板になったことを明らかにした。事実上のクビである。板東は中部日本放送のレギュラー番組2本も降板になっている。

「板東はバラエティーでもファミリー向け番組が多かったので、お笑い芸人のやんちゃのようにウヤムヤじゃ終わりませんよ。脱税は暴力事件、飲酒運転などと並んで、スポンサー企業が最も嫌うスキャンダルです。そのまま出演させれば、納税に熱心でない企業というイメージになりますからね。ましてや、ふしぎ発見は日立グループの1社提供ですからね、ダメといわれたら、もう決定的です」(民放キー局プロデューサー)

   板東英二の芸能界引退は避けられないだろう。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中