蜷川実花「父・幸雄もうだいぶ元気です」狭心症で心臓のバイパス手術

印刷

   写真家の蜷川実花(40)は「もうだいぶ元気です」と狭心症のため心臓のバイパス手術を受けていた演出家の父・蜷川幸雄(77)の病状を2月27日(2013年)、ツイッターで報告した。実花はこれまで父についてツイッターで触れていなかったが、ファンの心配する声に応じた形で初めてコメントした。

   幸雄は2月21日に退院したばかりで、早くも2月27日の「読売演劇大賞」授賞式に参加しており、「にしても仕事減らさないってw父らしいですわ」と驚いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中