番組資料の洗濯指南書に挑戦!ダウンジャケット自宅で洗ったら…まあ汚いこと

印刷

   1度気になってしまったら、自分でやってみないと気が済まないことがある。いまはある番組で取り上げた「洗濯」である。洗濯といってもさまざまだ。クリーニング屋さんに行けば一発でキレイになって皺も伸びて新しく蘇ってくれるけど、お金がかかる。ここで元来のドケチ根性と凝り性が合致した。やるしかないっしょということで、番組制作に使った洗濯指南書とにらめっこした結果、長年の悩みだったものを自宅で洗ってみることにした。ダウンジャケットと汗染みがどうやっても落ちないワイシャツだ。

浴槽に浸けて押したり揉んだりでお湯は真っ黒

   ダウンジャケットからやっつけることにした。食器用洗剤や固形洗濯石鹸を使うらしいが、ダウンジャケット用洗剤をアウトド専門店で奮発して購入。1本1800円は高いけれど、専用ってことはきっとそれだけ高パフォーマンスを見せてくれるに違いない。浴槽にダウンジャケットが浸かるぐらいまでぬるま湯を溜め、ダウンジャケットをドボン。洗剤を混ぜ入れダウンを押すよう洗っていく。するとまぁ、浴槽の水がどんどん濁っていくじゃないの!汚れがひどい襟や袖口を念入りに洗うと、水はもう真っ黒だ。こんな汚い洋服を着ていたかとぞっとしながらも、浮き上がって来た汚れにウキウキしてくる。

   問題はここからだった。すすぎ作業である。腰をかがめて、水を吸って重くなったダウンを浴槽の中で何度も何度も押したり持ちあげてすすぐ。さっきまでの気分はどこへやら。単純作業を繰り返し重いダウンと格闘すること30分。要はそこまでしないとすすぎの水がキレイにならないほど汚れていたわけだ。洗濯機でかるく脱水したら近所のコインランドリーへむかい、乾燥機にこれまた30分かけてようやくダウンジャケットの洗濯が終了した。ペシャンコになることなく、無事に自宅でダウンジャケット洗いに成功!これで味を占め、次なる標的を汗染みがついたワイシャツにした。

汗染みワイシャツすすいでもすすいでも洗剤が落ちない!

   選んだのは鍋でワイシャツを煮る洗濯法だ。ずんどう鍋に湯を沸かし、襟や腋、袖口に酵素配合の洗剤をグリグリ塗りつけたワイシャツをインしたら、菜箸を逆に持ってワイシャツをぐつぐつ煮る。しばらく煮たら、鍋に蓋をして30分ほど蒸らす。続いて鍋からバケツにそのまま移してジャブジャブ洗濯する。やっぱり水は黄色く濁っている。

   大仕事だったのはすすぎだった。何度水を替えても、汚れではなく洗剤が落ちてくれない。生地もヌメヌメして洗剤が残っているのがわかる。10リットルのバケツでお湯を入れ替えること十数回。もう、手はガサガサで腰も痛いのに、水を混ぜればまだ泡がプチプチと出てくる。これほどすすいでも洗剤が落ちないってことは、いつもの洗濯でも洗剤がついたまま脱水してるんじゃないのかと疑問がわいてきた。

   洗剤の量は多すぎても少な過ぎてもダメと指南書に書いてあったことを思い出す。ということは、これまで匂いが好きでガンガンに入れていた外国製の柔軟剤なんかも、ホントはついたままの洋服を着ていたのかも。鍋で洗ったワイシャツも、以前の洗剤が浮き上がってきているんじゃなかろうかと心配になってきた。だって、いつまでも出てくる泡の説明がつかないもの。お湯で洗った方が汚れが落ちやすいと指南書は説くけれど、洗剤の残りまで浮き出して来るとは書いてなかった。

   仕上がりは、汗染みが消えることはなかったものの、ずいぶん薄まり全体的にも白くなった気がした。腰痛と手荒れを差し引いても、仕上がりには満足だ。一度、機械まかせにしないで自分でやってみると、意外な発見ができる。おためしあれ。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中