吉祥寺「根性試しの強盗殺人」?カネ目当てなら脅して取る方が簡単

印刷

   東京・吉祥寺の路上で先月28日(2013年2月)に発生した刺殺事件で、「逃走中」だった容疑者がきのう3日に逮捕された。スタジオでは犯行の異常性があらためて強調されていた。

   逮捕された18歳の日本国籍少年と先に逮捕されたルーマニア国籍17歳少年は、2人語らって凶悪犯罪に及んだもので、最初にルーマニア少年が、次に日本少年がそれぞれ被害者を刃物で刺したと供述している。2人は知り合ってまだ1か月ばかりであったという。

いきなり刺す異常性と不気味さ

   動機について、2人とも「カネ目当て」と話しているというが、そこに切実さや執着を感じさせる文言は目下、伝わっていない。単なるモノ盗りだとすれば、不必要であるはずの殺害を行っていることも不可解で不気味な印象を与える。「おカネを取るのに(凶器で脅すのではなく)、最初から刺しているのがすごく印象に残る」(阿部祐二リポーター)

根性試し

   番組コメンテイターからは、「根性試しみたいに人を殺している」(キャスター・テリー伊藤)との見立ても出ていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中