2018年 7月 22日 (日)

木更津・女子大生殺人被告「真犯人はカトウ」罪逃れるためのでっち上げか真相か

印刷

   「私は無実だやってない、真犯人は別にいる」「私は真犯人にやらされただけだ」と主張をする容疑者、被告は多いが、けさ5日の「スッキリ!!」では、真犯人の名を挙げての無罪主張が大々的に取り上げられた。

「暴力団員で何人も人殺し。怖くて指示された通り死体遺棄」

   2011年、千葉県木更津市で女子大生が殺害、遺棄された事件は、検察の見立てでは男性容疑者が単独で殺し、キャッシュカードで被害者の金を引き出すなどした犯行だが、被告によれば、(ほぼ)すべてはカトウ(番組ではフルネーム)がやったことで、自分はカトウに依頼されて、被害者を遺棄現場近くに車で連れて行っただけであるとして、裁判でこう陳述している。

荒唐無稽

   カトウは暴力団員で、何人も人を殺していて平気で人を解体するというウワサもある。過去にはカトウが仕入れた覚せい剤の密売をしていたこともあった。またカトウは被害者とも知り合いで、トラブルがあったらしい。事件の日、カトウに偶然会ったところ、被害者を連れてくるように頼まれ、カトウが怖くて逆らえないので従った。また、キャッシュカードで金を下ろしたのもカトウの指示で、殺害などはすべてカトウの犯行だという。

実在も定かでなく、「携帯電話の番号知らない」

   この容疑者の主張はしかし、スタジオでは「違和感」(阿部祐二リポーター)だけが強調された。なにしろ目下、カトウの実在もさだかではないという。被告が言うには携帯電話を換えたため、現在は連絡先も住所もわからない。カトウとのやりとりも残っていないようだ。

   コメンテイターのテリー伊藤(キャスター)「被告の言ってることは、けっこう荒唐無稽じゃないですか。裁判長の印象も悪くなるし、さらに罪が重くなるんじゃないですか。まったく反省してないわけですからね」

   被告のストーリーを歯牙にもかけなかった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中