警視庁犯罪抑止対策本部ツイッター担当者クビ?「本職ひとりでは力不足でした」

印刷

   警視庁の犯罪抑止対策本部の公式ツイッターアカウントは3月4日(2013年)、「重要なお知らせ」として、「昨年11月からお付き合いいただいた本職のつぶやきですが、本日をもって終了いたします」と担当者交代を発表した。犯罪抑止対策本部アカウントはオレオレ詐欺や不審者情報などをツイートするほか、「炒飯がおいしくできたので、朝から快調です」「残業に突入しております…」などと親しみやすいキャラクターで静かな人気があった。

   今回の発表では、交代の理由などは明らかにされていないが、「警察広報のスタイルを破る新たな実験でしたが、本職ひとりでは力不足でした」と悔しさをにじませている。「制約された条件の下で継続する可能性もありましたが、ツイッターを利用するメリットをすべて減殺するような条件の下では、継続する意味を見いだすことができませんでした」という。今後については「引き続き再開の可能性を探って参りたいと思います」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中