AKB岩田華怜「握手会で塩対応されたら悲しい。どうでもいい感を露骨に出すファン」

印刷

   AKB48の岩田華怜(14)は「どうでもいい感を露骨に出す人がいます」と、握手会イベントで一部の参加者から冷たくされたと3月3日(2013年)にグーグルプラスでこぼしている。

   握手会では、メンバーは2人1組となり、ファンは応援するメンバー「推しメン」のいるレーンに並ぶ。この日、岩田は大島涼花(14)とペアを組んだが、「私と握手しているのに、まだ推しの子に話しかけていたり、私の手はタッチ程度で目も見てくださらなかったり」と悲しんだ。

   ファンの間では握手会などで愛想の悪いメンバーのことを「塩対応(しょっぱい対応)」と表現することに触れ、「私たちだって塩対応されたら悲しいんです」と語っている。同様の問題で、以前にSKE48の出口陽も「私は10回くらい握手をスルーされました(笑)」とグーグルプラスに書いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中