不動産王から脱税王に転落!目付けられてた「丸源ビル」怪しい経営と金満社長

印刷

   ビルの壁や屋上に「源」の字をマルで囲んだ赤いネオン、下には緑のネオンで「MARUGEN」。夜の銀座ではひと際目立つ存在だった。東京・銀座だけでなく、福岡にもこうしたテナントビルを数多く持つオーナーの川本源司郎容疑者(81)が5日(2013年3月)、法人税法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕された。

   調べによると、テナント料を受け取っていないように装うなどして2009年~11年の3年間に28億8000万円の所得を隠し、法人税8億6000万円を脱税したという。

ハワイ・ホノルル市では「ゴミ放置」で罰金30万円

   「銀座の不動産王」から脱税王に転落した川本源司の素顔に迫るべく、「トクだね!」は30年前に富豪タレントの故・大屋政子が自宅を尋ねたVTRを探し出してきた。東京・渋谷にある自宅は地上4階、地下1階で延べ床面積は830平方メートルもある。部屋の壁際には彫刻品がずらりと並ぶ。部屋には大きな白熊の敷物あり、「ま~、かわいそう」と大屋もびっくりである。しかし、川本はこの自宅には着替えに帰るだけで、ほとんどホテル住まいだった。

ピンと来ない

   今回、逮捕された場所もホテルだったが、直前までハワイのオアフ島の別荘にいた。記者が訪れると、広大な敷地にはやはり仏像や西洋の裸像、ライオンの置物があちこちにある。でも、まるで統一性がない。ホノルル市の役人によると、「本人はごみの放置などで64回の違反があり、罰金30万円をまだ支払っていない」という。

会社作ってはつぶし社名も次々変更「節税してるが脱税してない」

   福岡の呉服屋の倅。慶応大を中退し、1代で資産1300億円を不動産で稼いだが、これまで独身を通し後継者もいない。何が面白くて金儲けに励んできたのか。

   国税当局はかねてから川本に目を付けていたという。ただ、頻繁に会社を作ってはつぶし、社名を変更するなど不透明な経営で尻尾をつかみにくかったようだ。本人は「節税はしても脱税はしていない」と主張している。修正申告ではなく脱税で逮捕したのは、しっかり証拠を固めたからだろう。

   キャスターの小倉智昭は「スケールが大きすぎてピンと来ない」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中