内海桂子師匠「救急受け入れ拒否。相変わらずこんなことが…」

印刷

   埼玉県・久喜市で救急搬送された75歳の男性が25病院から36回受け入れを断られて死亡した。浅草の漫才師、内海桂子(90)は「残念ながら亡くなられた。相変わらずこんな不安な体制が続いているとはね」と3月5日(2013年)のツイッターで嘆いている。男性は通報から2時間半近くも病院をたらい回しにされており、「生命保険会社で救急車対応保険を作る時代なのかしら。病院は忙しければ儲かる制度を希望しているか」と改善が進まない現状にいら立っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中